湘南deフラメンコ

アクセスカウンタ

zoom RSS ソロ練習とか、動画とか

<<   作成日時 : 2017/09/28 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、クアドロのクラスがあって、2月のライブに向けてのメンバーも少し加わって練習してみたんですけどね、、、

もう、なんというか、一人ひとりの上達が目に見えて分かったんですよ。嬉しい!みんなの努力がしっかり現れてきた事に、感激でした

いつものレッスンでも見てるんですけどね。やっぱり、1人で踊るのとグループで踊るのとでは全然違うんですよ。
ソロは、その人の世界観が出てくる。でも、最初からはなかなか出ないですよね。習ったとおりの振付に、ただ、曲に合わせて踊るだけでは、世界観は見えないんです。それが見えてきて初めてこの人はこう表現したいのね、とか、見る側の想像力をかき立てると思うんです。

そして次のステップとして、その方に足りない部分や改善点、いい個性を取り入れていくのが私の役目だと思っています。
これからもどんどん上達していくと思います。応援してますよ〜


話しは変わりますが、先日ドミンゴのクルシージョ行った時、レッスン内容を録音しようと思ったら、ドミンゴが最後に自分が踊るから、動画いいよ。でも自分だけで見てね的な事(スペイン語がざっくりです)
って言ってくれて、これはラッキー!と動画をとりました。そして数日後、たまたまYouTubeを見てたら、どこの国かはわからないけど、ドミンゴのクルシージョの様子がアップされてて、その内容はほぼ同じ。明らかにドミンゴがアップしたものではなく、受講生が勝手にアップしたんでしょうね。

最近、この動画に関しては色々な所で話しを聞きますね。あるアジアの国でスペイン人がクルシージョしたら、勝手に動画撮り始めて、勝手にアップされて大激怒していた話とか。
昔はアジアでフラメンコが盛んな国は日本しかなかったから、こんな便利なツールがなかったって事もあるかもしれないけど、録音しかOKじゃなかった。クラスによっては、それも許可されないところもあったと聞きます。
だから、家帰って忘れないうちに音源聴いて、ひたすら練習したものです。

私自身も、クラス内での使い方については、どうするべきか色々悩んでいます。
絶対ダメとは言えない。でも、いつでもOKとも言えない。

〜絶対ダメとは言えない〜
事例として、グループレッスンだと年齢差がグーンと離れてしまう事があり、それを考慮して、という場合があります。
それと、初級クラスですね。しばらくは動画が必要と思いますね。あるクラスでは、私が振付けをすぐ忘れてしまうので、個人的に私のLINEに送ってくれる、とてもありがたい方がおられます。勝手ですが、こういう時は動画あってよかった!なんて思ってしまいます、、、。


〜何故いつでもOKと言えないのか〜
それは、私はこのクラスレッスンを仕事にしているからです。お金をいただいて、来ていただいた生徒さんに生のレッスンをしているんです。通信教育をしてるわけでも、ボランティアでやっているわけでもないんですよね〜。

例えば、私のクラスのシステムとして、お月謝は基本全月末に週4回分納めていただいてますが、納める際に3回しか来れないと分かってる場合は、3回料金を設定してるんですけど、クラス内で撮った動画を休んだ人に送ってシェアするのは、私としては違うんじゃないかなと。
だけど、もしかすると4回来る予定が、たまたま休んでしまって、となると話しは別かな、とか。
ただ、こんな細かいことを取り締まりたくないので、だったら最初から動画撮るのをやめてしまった方がいいのかな?なんて、考えてしまいます。
あ、ここで言う動画とは、レッスンの最後に進んだとこまで私が踊ったものを撮影する事ですよ。生徒間で、レッスン終了直後に動画を取り合ったりは全然いいと思います。

要は、使う人それぞれのモラルと、主宰者側の考え方次第で、上手く活用する事なのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソロ練習とか、動画とか 湘南deフラメンコ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる